シンガポールの生活

【携帯電話/SIM/インターネット】シンガポールで通信手段の契約をする方法

【携帯電話/SIM/インターネット】シンガポールで通信手段の契約をする方法
タツオ
シンガポールで携帯電話やインターネット回線を契約したい場合、簡単にできるのかな?
必要書類が揃っていれば簡単ですよ。メジャーなISP情報とあわせて、ご紹介しますね。
ケイト

 

「Smart Nation」構想を推し進めるシンガポールでは、生活におけるデジタル化が進んでいます。その為、家でも、外でも、「ネット接続」は生活必需品となります。

 

今回は、そんな必須となる「通信手段」における一般的な契約方法を、メジャーなISP情報とあわせて、ご紹介します。

 

「Smart Nation」構想とは

Smart Nation(スマートネーション)」は、2014年にリー・シェンロン首相が構想を発表し、シンガポールが国を挙げて取り組んでいます。

デジタル技術を活用することで、「より良い暮らし、より多くの機会、より強固なコミュニティ」を実現することを目的としています。

重点分野としては、

  • 都市生活(Urban Living)
  • 交通(Transport)
  • 健康(Health)
  • 電子政府(Digital Government Services)
  • 企業・ビジネス支援(Startups And Businesses)

が掲げられています。

    参考:Smart Nation and Digital Government Office

 

この記事の内容

シンガポールのメジャーなISP/携帯電話キャリア情報

シンガポールでの携帯電話の契約事情

シンガポールで「携帯電話」「SIMカード」「インターネット回線」を契約する方法

 

シンガポールのメジャーなISP/携帯電話キャリア情報

シンガポールには、以下の三大ISP(インターネットサービスプロバイダー)があり、携帯電話のキャリアも同様です。

 

その為、一般的に携帯電話を契約する場合、この3社の中から選ぶことが一般的です。

 

Singtel(Singapore Telecommunications Limited)

StarHub(StarHub Limited)

M1(M1 Limited)

 

Singtelは元電電公社で、シンガポール最大シェアのキャリアとなります。

ただ、他の2社も使っている人は多いので、お好きなプランのあるキャリアを選択するのが一番かと思います。

 

ちなみに、私の携帯電話の契約は、会社から支給されているものはSingtelで、プライベートはStarHubとなります。どちらも使い勝手には大差ないように思います。

 

シンガポールでの携帯電話の契約事情

まず、大前提として、シンガポールには「SIMロック制度」がありません。

その為、キャリアに、スマホ本体の手配でしばられない、という前提条件があります。

 

そして、携帯電話の契約タイプには、「プリペイド」と「ポストペイド」の2種類があります。

プリペイド:有効期間内で、購入した分だけ、使用可能なタイプ。解約手続きは不要。主に旅行者や短期滞在者向け。

ポストペイド:日本と同じような契約方式。対象となる契約期間があり、毎月、「月額費用+超過料金(あれば)」を支払うスタイル。途中解約には違約金が伴う。

 

シンガポールで生活することを想定すると、一般的に「ポストペイド」式の契約方法を選択する方が多いかと思います。

 

その場合、前述の通り、「SIMロック制度」がない為、「スマホ本体付きの契約タイプ」を選ぶ方もいれば、「SIMカードだけの契約タイプ」を選ぶ方もいらっしゃるかと思います。

「SIMカードだけの契約タイプ」を選択する場合は、自分自身で「SIMフリースマホ」を事前に準備する必要があります。

 

Singtel(Singapore Telecommunications Limited)

StarHub(StarHub Limited)

M1(M1 Limited)

 

シンガポールで「携帯電話」「SIMカード」「インターネット回線」を契約する方法

シンガポールで「携帯電話」「SIMカード」を契約する方法

携帯電話を契約する場合、以下のものが必要となります。

基本的には必要書類を持参し、ショップ窓口で申し込む方法が一番簡単かと思います。

 

パスポート

ビザ

住所を証明する書類(「賃貸契約書」や「水道光熱費の請求書」等)

 

シンガポールで「インターネット回線」を契約する方法

基本的に携帯電話を契約する場合と同様ですが、同じキャリアに申し込む場合、同時に手続きすると簡単です。

 

ただ、ISP(インターネットサービスプロバイダー)に関しては、以下のような新興キャリアもコストパフォーマンスが良く、使っている人も多いので、選択肢として検討する価値はあるかと思います。

 

MyRepublic(MyRepublic Limited)

ViewQwest(ViewQwest Pte Ltd)

 

ショップがあって直接、話を聞けたこともあり、我が家は今、MyRepublicを使っています。

 

まとめ

「Smart Nation(スマートネーション)」構想の進むシンガポールでは、日常的に政府が推奨するアプリ(「TraceTogether」など)を使用する場面も多く、「ネット接続」は生活必需品となります。

 

その為、シンガポールで生活を始める場合、早々に契約手続きを進めましょう!

 

この記事のまとめ

シンガポールの三大ISPかつ携帯電話キャリアは「Singtel」「StarHub」「M1」

シンガポールでは携帯電話に「SIMロック制度」がない

シンガポールで生活することを想定すると、一般的に「ポストペイド」式の契約方法を選択することが多く、その場合、「スマホ本体付きの契約タイプ」でも「SIMカードだけの契約タイプ」でも選べる(「SIMカードだけの契約タイプ」を選択する場合、自分自身で「SIMフリースマホ」本体の手配が必要)

インターネット回線の契約は、三大ISP以外に「MyRepublic」や「ViewQwest」もよく使われている

 

-シンガポールの生活
-,

© 2021 ビジネス福袋|“シンガポールで働く” ための情報提供ブログ