シンガポールの生活

【銀行口座】シンガポールのおすすめ銀行と口座開設方法

【銀行口座】シンガポールのおすすめ銀行と口座開設方法
タツオ
シンガポールで銀行口座を開きたい場合、どうすれば良いのかな?
銀行はいろいろありますが、居住者なら必要書類を揃えれば、基本的に開設できますよ。その中でも、シンガポール資本の銀行は特におすすめです。
ケイト

 

シンガポール生活を始めるにあたり、銀行口座の開設はすぐに必要となります。

給与を振り込んでもらう際に必要となる為です。

 

また、海外の銀行金利(年利)は日本よりもずっと良く、シンガポールも例外ではありません。その為、働かない場合でも口座開設のチャンスがあるなら、作っておいて損はないでしょう。

 

クレジットカードやデビットカードを作るにしても、引き落とされる銀行口座が必要となります。

 

今回は銀行口座開設にあたり、シンガポールのおすすめ銀行と、口座開設に必要な書類や条件等の情報をお伝えします!

 

この記事の内容

シンガポールのおすすめ(メジャー)銀行情報

シンガポールの銀行口座開設方法(必要書類・条件等)

シンガポールの銀行関連クレジットカード情報

 

シンガポールのおすすめ(メジャー)銀行情報

シンガポール生活を始める方から、よく「どの銀行を選べば良いですか?」というご質問を受けます。

 

シンガポールで銀行口座を開設する場合、以下の三行から選ぶことをおすすめします。

これらは、シンガポール資本の三大銀行となります。

 

DBS銀行
DBS Bank Limited
星展银行有限公司

【銀行口座】シンガポールのおすすめ銀行と口座開設方法

 

OCBC銀行
Oversea-Chinese Banking Corporation Limited
華僑銀行

【銀行口座】シンガポールのおすすめ銀行と口座開設方法

 

UOB銀行
United Overseas Bank Limited
大华银行有限公司

【銀行口座】シンガポールのおすすめ銀行と口座開設方法

 

シンガポールには他にも外資系銀行などいろいろ選択肢があり、求める条件によっては、そちらを選ぶ選択肢もあります。

 

ただ、最初に開設する銀行口座は、日常使いを想定すると、「利便性」も重要なポイントとなります。

 

シンガポール国内に多くの店舗やATMがあるのは上記三行で、現金引落しや小切手の投函(シンガポールでは小切手が活用されている為、会社から小切手で支払いを受けることもあります)なども考えると、自宅やオフィス付近にあるこの三行から選ぶのが得策かと思います。

 

また、これらの三行は、Global Financeの発表する「世界で最も安全な銀行ランキング」において、アジアのトップ3に入っていますので、純粋に銀行としても安心・安定でおすすめです。

世界で最も安全な銀行ランキング(出典:Global Finance)】

Global Finance Names The 2020 World's Safest Banks (記事)

Global Finance Names The World's 50 Safest Banks 2020 (「世界トップ50」の詳細資料)

 

シンガポールの銀行口座開設方法(必要書類・条件等)

コロナ禍の昨今、銀行の手続き関連もオンライン化が加速度的に進んでいます。

 

ただ、初めての銀行口座開設を行う場合、特に外国人の私たちは、希望する銀行の窓口を訪問し、その場でサポートしてもらいながら手続きを行う方が確実で早いかと思います。(感染リスクを避ける為、ソーシャルディスタンスやマスク着用など、十分にご注意ください)

 

やり直しの再訪問を避ける為、必要書類や最低限の条件等は予め確認し、準備万端で銀行窓口を訪問しましょう。

 

以下に、各銀行の2021年8月現在の一般情報をまとめます。(開設申請時は、最新情報を各銀行のホームページでご確認くださいね)

 

DBS銀行(DBS Bank Limited)の場合

必要書類

  • 有効期限内のパスポート
  • 有効期限内のビザ もしくは MOM発行の In-principle approval (IPA) レター
  • 住所証明書類(直近3ヶ月以内の水道光熱費や携帯代の請求書/最新の給与明細など)

  ※「Dependant's Pass (DP) + Letter of Consent (LOC)」という就労形態で勤務中の場合、有効期限内の「LOCレター」の控えも持参した方が良い。

条件

  • 18歳以上
  • 携帯電話番号を持っていること
  • 初回預金額(デポジット)は不要

  ※口座平均残高の条件により、別途、手数料が発生する可能性がある為、要確認。

 

OCBC銀行(Oversea-Chinese Banking Corporation Limited)

必要書類

  • 有効期限内のパスポート
  • 有効期限内のビザ
  • 住所証明書類(携帯代の請求書/その他バンク・ステートメントなど)

  ※「Dependant's Pass (DP) + Letter of Consent (LOC)」という就労形態で勤務中の場合、有効期限内の「LOCレター」の控えも持参した方が良い。

条件

  • 16歳以上
  • 携帯電話番号を持っていること
  • 初回預金額(デポジット)は不要

  ※口座平均残高の条件により、別途、手数料が発生する可能性がある為、要確認。

 

UOB銀行(United Overseas Bank Limited)

必要書類

  • 有効期限内のパスポート
  • 有効期限内のビザ
  • 住所証明書類(最新の水道光熱費や携帯代の請求書/最新のその他バンク・ステートメントなど)
  • 紹介状(UOB銀行ホルダーからの紹介状など)

  ※「Dependant's Pass (DP) + Letter of Consent (LOC)」という就労形態で勤務中の場合、有効期限内の「LOCレター」の控えも持参した方が良い。

条件

  • 勤労者
  • 携帯電話番号を持っていること
  • 初回預金額(デポジット)はSGD1,000.00

  ※口座平均残高の条件により、別途、手数料が発生する可能性がある為、要確認。

 

シンガポールの銀行関連クレジットカード情報

シンガポールで銀行口座を開設すると、そのまま銀行のデビットカードも作ってもらえることが多いです。

 

ただ、クレジットカードには金利プロモーションや特典が多い為、銀行口座開設とあわせて、クレジットカードを作ることもおすすめです。(給与口座との連携が、高条件を得る最大のポイントとなります)

 

詳しい情報は、下記ページをご覧ください。

 

まとめ

シンガポール生活で基盤となる金融機関関連準備として、銀行口座の開設とクレジットカードの作成があります。

 

特に銀行口座はすぐに必要となりますので、スムーズに手続きが進むよう、事前準備を整え、一気に銀行窓口で片付けてしまいましょう。

 

この記事のまとめ

シンガポールで銀行口座を開設するなら、国内資本の三大銀行(DBS銀行・OCBC銀行・UOB銀行)がおすすめ

各銀行によって、口座開設申請の必要書類や条件等が異なる為、希望する銀行ごとに要確認

給与口座を設ける銀行でクレジットカードを作成すると、条件が良く、融通も効きやすい

 

-シンガポールの生活
-,

© 2021 ビジネス福袋|“シンガポールで働く” ための情報提供ブログ