シンガポールの生活

【緊急時の連絡先】シンガポールの警察・消防・救急車・大使館への連絡先

【緊急時の連絡先】シンガポールの警察・消防・救急車・大使館への連絡先

 

タツオ
シンガポールで家族が倒れたりしたら、どうやって救急車を呼ぶのかな? 普段起きないことだから、よくわかっていないかも…
緊急事態が起きた場合、絶対に焦りますよね。すばやく電話できるよう、連絡先を手元に控えておきましょう。
ケイト

 

できれば、起きて欲しくない緊急事態。

でも、残念ながら、起きる時は起きてしまいます。

 

そんな時に焦らずに電話ができるよう、警察消防救急車大使館への連絡先をまとめました。

 

いざという時にパニックに陥らないよう、連絡先を手元に控えておきましょう!

 

この記事の内容

シンガポールの「緊急時の連絡先」(警察・消防・救急車・大使館)について

シンガポールで緊急時に備えて、事前に準備しておくべきこと

シンガポールで救急車を呼ぶ際に知っておくと便利な英文について

 

シンガポールの「緊急時の連絡先」(警察・消防・救急車・大使館)について

できれば、起きて欲しくない緊急事態。

でも、残念ながら、起きる時は起きてしまいます。

 

その事実に目をそらさず、家族や知人を守る為、逆に、自分を守ってもらう為、「緊急時の連絡先」(警察・消防・救急車・大使館)をしっかり把握しておく必要があります。

 

以下の通り、一覧表にまとめました。

いざという時にパニックに陥らないよう、連絡先を手元に控えておきましょう。

 #クリックすると画像を拡大できます。

 

【緊急時の連絡先】シンガポールの警察・消防・救急車・大使館への連絡先

 

※参考URLは、下記をご覧ください。

警察:Singapore Police Force - CONTACT US

消防:Singapore Civil Defence Force - Fire Safety

救急車:Singapore Civil Defence Force - SCDF Emergency Medical Services

在シンガポール日本国大使館:Embassy of Japan in Singapore – 緊急時に慌てないために

 

そう言えば、以前、このような多言語のマグネットも配布されていましたね。

【緊急時の連絡先】シンガポールの警察・消防・救急車・大使館への連絡先

【緊急時の連絡先】シンガポールの警察・消防・救急車・大使館への連絡先

 

シンガポールで緊急時に備えて、事前に準備しておくべきこと

想定外の緊急事態には、誰でもパニックになってしまいます。

そして、電話をした際に必ず、聞かれるであろうことが、意外にすぐにわからないことに気づくかと思います。

 

そのような時にますます焦ってパニックに陥らないよう、以下の内容を予め家族間で確認して、全員分の情報をメモに取り、各自が手元に持っておきましょう。

  • 自宅住所
  • 各自のIDカード番号(ビザ番号等)
  • 各自のパスポート番号
  • 各自の携帯電話番号
  • 各自の医療保険証書番号(海外傷害保険等)

 

1枚にまとめて、自宅の(家族にとって)わかりやすいところにも貼っておくと良いかも知れませんね。

 

シンガポールで救急車を呼ぶ際に知っておくと便利な英文について

起こりうる緊急事態の中で、一番可能性が高く、英語でこまかな説明が求められる場面が「救急車」を呼ぶ時ではないでしょうか。

 

そこで、救急車を呼ぶ際に知っておくと便利な英文について、以下にまとめておきたいと思います。よろしければ、参考になさってください。

※もし、「持病(基礎疾患)」をお持ちの場合は、その関連英語/英単語は、確実にメモを取って把握しておきましょう。

 

救急車が必要です

I need an ambulance, please.

 

頭が痛い

I have a headache.

 

胃が痛む

My stomach hurts.

 

~に痛みがある

I have a pain in ~.

 

息ができない

I can’t breathe.

 

意識がない

He/She is unconscious now.

 

出血している

He/She is bleeding.

 

ケガをしている

I was hurt.

 

まとめ

緊急時の電話では、スピード感が求められる反面、冷静さを失ってモタモタしてしまいがちです。

心を落ち着ける為にも、最低限の事前準備は行っておきましょう!

 

この記事のまとめ

「緊急時の連絡先」(警察・消防・救急車・大使館)はメモし、いざという時に焦らないよう、手元に控えておく

「自宅住所」「IDカード番号」「パスポート番号」「携帯電話番号」「医療保険証書番号」などは予め情報をまとめておき、家族間でも共有しておく

救急車を呼ぶ際に最低限使いそうな英文もメモして、手元に控えておくと安心(特に、持病がある場合は必ずチェックしておく)

 

-シンガポールの生活
-,

© 2021 ビジネス福袋|“シンガポールで働く” ための情報提供ブログ