シンガポール徒然日記

【SG徒然日記】シンガポール入国申請で必要な現地携帯番号とアプリ設定の準備

【SG徒然日記】シンガポール入国申請で必要な現地携帯番号とアプリ設定の準備
ケイト
こんにちは! ケイトです。

 

来星予定(シンガポール駐在予定)の同僚が、しばらく日本で足止めを食らっていたのですが、やっと入国申請が再開され、来星できるようになりました!

 

そこで取り急ぎ、彼らのシンガポール入国申請を進めることになったのですが、申請にあたり、「SHN(Stay-Home Notice:隔離)後の滞在先住所」と「シンガポールの携帯番号」が必要ということで、突如、手配依頼を受けました。

 

急いでシンガポール入国申請を進めたいということで、こちらも大慌てですっ。

 

SHN(Stay-Home Notice:隔離)後の滞在先住所」は後からでも変更でき、かつ、隔離期間も長いので(14日間もあるので)、暫定ホテルを予約することで一旦クリア。

 

ただ、「シンガポールの携帯番号」は入国後すぐに必要となる為、通常、その携帯電話を日本から持参する前提となります。

 

その為、シンガポールでSIMカードを手配し、日本へ送って、SIMフリースマホにそのSIMカードをセットして、日本からシンガポールへ持って来てもらう流れで手配を進めました。(現地携帯番号だけは先にご本人に伝えて、入国申請は一旦クリア

 

幸い、オフィスに予備のSIMカードがあった為、すぐに携帯番号を手配することができて、ホッと一安心です。

 

大慌てでSIMカードを手配したついでに、シンガポール到着後の主な使用用途や必要なアプリ等について、エージェントに確認してみました。

これから来星される方の参考になれば幸いです!

 

通話機能

到着後~翌日シンガポール政府からの所在地確認電話が入る

SHN中(毎日)シンガポール政府から毎日電話がかかってくる為、要応答(方法:電話・WhatsAppコール等)

※毎回異なる番号からかかってくるようなので、かかってきた電話には基本、すべて対応する前提

 

アプリ

WhatsApp(LINEのようなチャットアプリ)

TraceTogether(新型コロナ感染対策の為の接触追跡モバイルアプリ)

FWMOMCare(健康管理・報告アプリ)

 

-シンガポール徒然日記
-

© 2021 ビジネス福袋|“シンガポールで働く” ための情報提供ブログ