シンガポールで働く

【最新改正】シンガポールで「DP & LOC」による就労が原則廃止へ(2021/5)

【最新改正】シンガポールで「DP & LOC」による就労が原則廃止へ(2021/5)

©MOM

 

タツオ
シンガポールでは、扶養家族ビザ(DP)で働けなくなるって聞いたのですが、本当ですか!?
はい。突然の発表で私もとても驚いていますが、本当です。今回は、その法改正について一緒に見てゆきましょう!
ケイト

 

外国人がシンガポールで働く為には、就労ビザ(ワーキングビザ)を取得する必要があります。これまで、主な就労ビザのタイプは、以下の通りでした。

 

就労ビザに関する詳しい情報は、以下の記事をご覧ください。

【就労ビザ】シンガポールのEP/SP/DP(LOC)取得の最新情報と厳しい現実(更新あり)

 

ただ、MOM長官による2021年3月3日のスピーチにおいて、2021年5月1日以降は「Dependant's Pass (DP) + Letter of Consent (LOC)」という就労形態は原則廃止とする旨が突如、発表されました。激震のニュースです!

 (*) MOM:Ministry of Manpower(シンガポール労働省/人材省)

 

更なる詳細内容は、2021年5月1日のMOMの発表を待たなければなりませんが、現時点で見えている内容を確認しておくことで、今後の働き方・人生計画に備えましょう。

 

この記事の内容

シンガポールの法改正に伴い、扶養家族ビザ(DP)保有の外国人の働き方はどのように変わるのか

現在勤務中のDP保有者は、今後に向けて、どのような準備を行う必要があるのか

 

シンガポールの法改正に伴い、扶養家族ビザ(DP)保有の外国人の働き方はどのように変わるのか

まず、現時点でMOMから発表されている内容は、以下のWebサイト・資料から確認することができます。

Work arrangements of Dependant’s Pass holders

FACTSHEET ON WORK ARRANGEMENTS OF DEPENDANT’S PASS HOLDERS

 

今回の変更点をシンプルにまとめるならば、これまでは扶養家族ビザ(DP)保有者でも条件を満たせば働くことができましたが、今後は必ず、就労ビザ(EPやS Pass)を取得しなければならない、ということです。

 

就労ビザ(EPやS Pass)を取得することは年々厳しくなっており、企業側も外国人を採用することが大変になってきていました。

 

その中で、扶養家族ビザ(DP)は取得しやすく、また、採用する企業側にとっても、既にDPを保有している人材に対して労働許可証明である「Letter of Consent (LOC)」だけを申請・手配すれば良い為、就活側にとっても、採用側にとっても、なかなかメリットの大きい就労形態でした。

 

MOMの発表によると、そのような就労形態「Dependant's Pass (DP) + Letter of Consent (LOC)」で働く人たちは、外国人労働者全体の約1%に過ぎない、という統計情報を持っているようですが、身近なオフィスワーカーに限って見渡せば、結構、メジャーな働き方の一つだったと思われます。

 

かくゆう私も同じく、「Dependant's Pass (DP) + Letter of Consent (LOC)」で働いている為、MOM長官による発表のあった2021年3月3日に早速、MOMから以下のようなメールを受け取りました。

シンガポールの法改正に伴い、扶養家族ビザ(DP)保有の外国人の働き方はどのように変わるのか

 

 

新型コロナの影響「シンガポーリアン・コア(Singaporean core)」の推進もあり、扶養家族ビザ(DP)保有の外国人が今後、シンガポールで働くことを考える場合、自分自身の為に単独の就労ビザ(EPやS Pass)を国や企業側に発行してもらえるよう、一層のスキルや必要性が求められることになると受け止める必要があるでしょう。

 

現在勤務中のDP保有者は、今後に向けて、どのような準備を行う必要があるのか

それでは、現在勤務中のDP保有者は、どのような心積もりと準備を進めてゆけば良いのでしょうか。

 

FACTSHEET ON WORK ARRANGEMENTS OF DEPENDANT’S PASS HOLDERS」によると、以下のように書かれていました。

From 1 May 2021, all DP holders who wish to work during their stay in Singapore will need an applicable work pass (such as an Employment Pass, S Pass or Work Permit) instead of an LOC, unless they are business owners who meet specified criteria.

Existing DP LOC holders will be allowed to continue working until the expiry of their LOC. Employers will need to apply for an applicable work pass should they wish to continue employing existing DP LOC holders after their current LOC expires. (中略)

DP holders who are business owners

DP holders (中略) can continue to run their business on their existing LOC until its expiry, or apply for a one-off extension of their LOC until 30 April 2022 when next renewing their DP. Thereafter, they will need to meet the criteria stated above in order to renew their LOC, or obtain an applicable work pass to continue working in Singapore.

 

この内容によると、以下のようになります。

① 既存の「Dependant's Pass (DP) + Letter of Consent (LOC)」期間が切れるまでは、そのまま継続勤務可能。※LOCを更新したい場合は、2021年4月30日までに要申請。

② (一定条件を満たすビジネスオーナーであるDP保有者は)2022年4月30日までにDPの更新がある場合は、一回に限り、LOCの延長申請が可能。

③ 以降は、就労ビザを取得する必要がある。

 

私自身、タイミング良く(悪く?)、2021年5月にDPの更新時期がやってきます。その為、①の調整を急ぎ進めています。

詳細発表があると言われている2021年5月1日をまだ迎えていない為、条件は一つ一つ確認しながら進める必要があるようです。

 

これらを踏まえますと、現DP保有者は、何ごとも少しでも余裕を持って動き出した方が良いと思われます。

 

まとめ

今回の突然の発表は、シンガポールで働く外国人労働者に大きな衝撃を与えました。

 

就労ビザ(EPやS Pass)に続き、扶養家族ビザ(DP)にまで厳格化が始まったか、という思いです。肌感覚として、ひしひしと厳しさを感じている方が多いと思います。

 

ただ、完全に外国人労働者を排除する流れとなった訳ではありませんので、企業側が就労ビザ取得に困らないよう、働く側でも各々でスキルや必要性を高め、早め早めに準備に取りかかりましょう。私も頑張ります!

 

この記事のまとめ

2021年5月1日以降、「Dependant's Pass (DP) + Letter of Consent (LOC)」では働けない(現在勤務中の人に限り、LOCの期間満了までは継続勤務可能)

今後、働きたい外国人労働者は、就労ビザ(EPやS Pass)の取得が必ず必要

 

-シンガポールで働く
-

© 2021 ビジネス福袋|“シンガポールで働く” ための情報提供ブログ