シンガポール・グルメ

【SGグルメ】カヤトースト(カヤジャム)を自宅で楽しむ方法

【SGグルメ】カヤトースト(カヤジャム)を自宅で楽しむ方法
ケイト
こんにちは! ケイトです。

 

コロナ禍で、「家食(内食)」がどんどん活発になってきていますね。

 

もともと外食派だった人でも、外食を控える傾向にある中、フードデリバリーが続くと飽きてくるのも事実です。

でも、あまり手間のかかる自炊も面倒なもので…

 

そんな時、「インスタント調味料」や「お手軽素材」などを使えば、自宅でも普段と違ったお料理(世界の味)が楽しめて、気分転換にもおすすめです。

 

今回は、シンガポールのソウルフード「カヤトースト」を、日本にいても楽しめるよう、「カヤジャム」をご紹介したいと思います!

 

カヤトーストのご紹介

シンガポールで朝食の定番と言えば、「カヤトースト」です。

海南島出身の中華系移民が、フルーツジャムのトーストをアレンジしたのがはじまりと言われています。

フルーツジャムの代わりに、ココナッツミルク・卵・砂糖・パンダンリーフ(東南アジアでよく使われるハーブ)から作られた「カヤジャム」とバターを薄いトーストに挟んだものが定番のスタイルで、程よい甘さがクセになる美味しさです。

更に、最近は、食べ方にもいろいろなアレンジが生み出されています。

 

ちなみに、シンガポールでメジャーな有名店と言えば、以下のようなお店があります。

観光旅行でシンガポールを訪問される際は、このあたりからトライすると、大きな失敗なく、美味しいカヤトーストを召し上がることができると思います。

Ya Kun Kaya Toast(ヤクン・カヤトースト)

シンガポールで街歩きをすれば、必ず一度は目にするくらい、メジャーなカヤトーストの老舗です。

薄切りのサクサク炭火焼きトーストにカヤジャムとバターを挟んだスタイルが定番ですが、厚切り食パンにカヤジャムとバターをサンドし、蒸し器でふかふかに蒸かしたメニューも大変美味しいです。

日本(東京)に進出した為、お近くの方はお店で楽しむのも良いですね。

【SGグルメ】カヤトースト(カヤジャム)を自宅で楽しむ方法

【SGグルメ】カヤトースト(カヤジャム)を自宅で楽しむ方法

Killiney Kopitiam(キリニー・コピティアム)

「Ya Kun Kaya Toast」と並び立つカヤトーストの老舗として有名で、メジャーなお店です。

こちらも薄切りのサクサク炭火焼きトーストにカヤジャムとバターを挟んだスタイルが定番ですが、フレンチトーストをカヤジャムとバターで食べるメニューも大変美味しいです。

【SGグルメ】カヤトースト(カヤジャム)を自宅で楽しむ方法

【SGグルメ】カヤトースト(カヤジャム)を自宅で楽しむ方法

Toast Box(トーストボックス)

シンガポールでメジャーなパン屋さん「BreadTalk(ブレッドトーク)」と同じグループのカフェ・チェーンです。

シンガポールのメジャーなメニューが気軽に楽しめるのが魅力のお店で、シンガポール国内のいたるところにあります。定番のカヤトーストも美味しいです。

【SGグルメ】カヤトースト(カヤジャム)を自宅で楽しむ方法

 

「クックパッド」には、自宅でカヤジャムを作れるレシピも掲載されていますので、よろしければ、参考になさってください。

クックパッド – カヤジャム

 

ただ、少し面倒かなと思うところもあり、特に初めての方であれば、最初は市販品を試されると良いかなと思います。

 

◆ カヤジャム ◆

 

-シンガポール・グルメ
-,

© 2021 ビジネス福袋|“シンガポールで働く” ための情報提供ブログ