アジアで必要な語学術

【オンライン英会話】QQEnglishをビジネスパーソンに強くおすすめする理由

【オンライン英会話】QQEnglishをビジネスマンに強くおすすめする理由
タツオ
仕事で英語を使う機会が増えてきて、英会話教室に通おうかなぁと思ったのだけれど、時間調整が面倒だし、値段も高くて… なかなか重い腰が上がらない…
それ、よくわかります! 私も以前、ベルリッツに通っていたのですが、通学する為の時間調整がとにかく面倒で、コンスタントに通えなくて、結局、やめてしまいました。
ケイト
タツオ
今はソーシャルディスタンスもとらないといけないし、自宅で受講できるオンライン英会話スクールの方が続けられそうかなって思ったり。でも、どこが良いのかわからなくて…
それなら、QQEnglish(QQイングリッシュ)がおすすめですよ! その理由を詳しくご紹介しますね。
ケイト

 

年々、仕事で英語が必要になってきたという話を耳にするようになりました。英会話を学びに行こうと思う方も増えてきているのではないでしょうか。

 

ただ、ビジネスパーソンが仕事後に決まった通学時間を確保するのは、なかなか大変なことです。急な残業や飲みのお誘いなどもあるでしょう。

また、今はコロナ禍の為、在宅勤務中であれば尚更、通学の為だけに外出するのは面倒です。

 

そのような方には是非、「オンライン英会話」をおすすめしたいと思います。上記条件をクリアし、かつ、基本的にリーズナブルな価格設定となっています。

 

その中でも、特におすすめなのは、「QQEnglish(QQイングリッシュ)」です!

 

私も2016年1月から続けているので、もう5年になります。その魅力とおすすめポイントを、今回ご紹介したいと思います。

 

この記事の内容

ビジネスパーソンに「オンライン英会話」スクールが向いている理由

ビジネスパーソンに「QQEnglish(QQイングリッシュ)」がおすすめの理由

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

 

先に「QQEnglish」をチェックしたい場合は、こちらのバナーから飛べます!

2回の無料体験レッスンがお試しいただけます)

 

ビジネスパーソンに「オンライン英会話」スクールが向いている理由

ビジネスマンに「オンライン英会話」スクールが向いている理由

 

英会話を学びたいと思った時、選択肢としては以下のものがあります。

  1. 通学授業(リアルな英会話教室へ生徒が通うスタイル)
  2. 家庭教師(英会話の先生が生徒宅へ教えに来るスタイル)
  3. オンライン授業(Skypeなどのオンライン・コミュニケーションツールを使って、海外など遠方にいる英会話の先生と授業を行うスタイル)

 

これらのスタイルを比較しながら、③の「オンライン授業」がビジネスパーソンに向いていることをご説明したいと思います。

 

①通学授業

【メリット】

・先生と直接会って、必要なものが揃った教室で授業が受けられる

・日常から離れた場所で授業を受ける為、集中して学ぶことができる

 

【デメリット】

・わざわざ教室まで通わなければいけない(通学の為の時間も必要)

・先生と教室を確保する為、リスケがしづらい(キャンセルにより授業料を捨てる場合もある)

・全体的に授業料が高め

 

②家庭教師

【メリット】

・先生と直接会って、マンツーマンで丁寧に教えてもらえる

・先生が自宅まで来てくれる為、通学にかかる時間の無駄がない

 

【デメリット】

・自分に合う先生を見つけることが難しい場合がある

・先生の訪問に備えて、自宅を綺麗にしておく必要がある

・全体的に授業料が高め

 

③オンライン授業

【メリット】

・比較的広い時間帯(早朝・深夜や週末など)で、自分の都合にあわせてマンツーマン授業が受けられる

・どこにいても、インターネット環境とパソコン(モバイル端末含む)があれば授業を受けられる

・ネイティブスピーカーの先生から授業を受けられる割には授業料がリーズナブル

 

【デメリット】

・オンラインミーティング形式の為、先生に直接は会えない

・インターネット環境の影響を受ける(通信環境が悪い場所では、スムーズに授業を受けられない)

 

日々、仕事に追われがちなビジネスパーソンにとって、決まった時間帯(それも、夜の比較的早い時間帯)にプライベートな予定を継続的に入れ続けることは、なかなか難しい場合があります。

 

一度や二度の単発的な予定であれば問題ないでしょうが、英会話を学ぶ場合、継続的に、できるだけ頻度も高く、学びの場を設けることが望ましい為、スケジューリングが重要です。また、頻度を上げれば、それなりに授業料もかかってきます。

 

これらの点から考えた場合、①通学授業②家庭教師は、ビジネスパーソンの受講条件に上手くフィットしないことがわかります。

 

③オンライン授業でも必ずしも、希望通りに授業を予約できない場合はありますが、①通学授業②家庭教師よりは融通が効き、スケジューリングも容易です。

また、授業単価設定も低めの為、数多く受けることが可能です。

 

オンライン授業の授業料がリーズナブルな理由は、日本に住んでいる先生の時間を確保して、直接会うスタイルではない部分が大きいでしょう。

 

「先生と直接会って授業を受けたい!」という点が重要ポイントの方にとっては、③オンライン授業は適さないと思いますが、新型コロナ(COVID-19)が発端で迎えたニューノーマルな時代において、オンラインミーティング形式に慣れた方も多いと思います。

慣れた方にとっては、オンライン授業も問題ないと思います。

 

このようなことを考えると、③オンライン授業がビジネスパーソンに向いていることをご理解いただけるのではないでしょうか。

 

ビジネスパーソンに「QQEnglish(QQイングリッシュ)」がおすすめの理由

ビジネスマンに「QQEnglish(QQイングリッシュ)」がおすすめの理由

出典:QQEnglish

 

ビジネス英会話向け「オンライン英会話」スクールの候補例

オンライン授業を受ける為には、自分に合った「オンライン英会話」スクールを選ぶ必要があります。

 

ただ、ここで問題となるのが、「オンライン英会話」スクール自体が数多く存在することです。たくさんあるスクールの中から、どのスクールを選べば良いのか、判断が難しいところですね。

 

そこで、まず、「ビジネス英会話」を前提に、候補となる「オンライン英会話」スクールを数件、ご紹介したいと思います。

 

スクールの規模(安定感)やビジネス英会話に関する評判、また、授業料の選択肢等を基準として、私自身が良いなと思って選択したスクールです。

参考にご覧ください。

 

DMM英会話

ECCオンラインレッスン

QQEnglish(QQイングリッシュ

産経オンライン英会話

ラングリッチ(EnglishCentral)

レアジョブ英会話

 

「オンライン英会話」スクールの選び方

気になるスクール候補が決まれば、「新規無料体験レッスン」を申し込みましょう。

 

ホームページ上ではどんなに条件が自分に合いそうでも、授業を受けて、ナマの雰囲気を感じてみると、また違った感想が出てくる可能性があります。

 

私は最初、「DMM英会話」か「レアジョブ英会話」を有力候補として考えていたのですが、「新規無料体験レッスン」を受けてみて、最終的に「QQEnglish(QQイングリッシュ)」を選びました。

 

私が「QQEnglish(QQイングリッシュ)」を選んだ理由は、以下の通りです。

  1. 先生がスクールに出社し、制服を着て、きちっと教えてくれる(先生の自宅からの授業スタイルは、時にダラダラとした雰囲気になることがある為)
  2. 先生全員が「TESOL(Teaching English to Speakers of Other Languages)」という「英語を母国語としない人々に英語授業をするための国際資格」を取得している為、どの先生に当たっても授業に安定感がある
  3. インターネットの通信環境が安定している(先生側の自宅ではなく、スクール環境にいる為)
  4. サポートセンターが日本語対応で、レスポンスが早い
  5. テキストもレベルやタイプに合わせて、いろいろ選べる

 

いろんな国の人たちと会話してみたいといった目的であれば、「DMM英会話」は129ヵ国(2021年1月現在)の中から先生を選べる為、良い選択肢になるかと思います。

 

ただ、「ビジネス英会話」前提であれば、キッチリと、フォーマルな授業を受けられることが重要だと思います。

その点で、「QQEnglish(QQイングリッシュ)」は飛びぬけていました。

 

ちなみに、もっと「ビジネス英会話」に特化したことをうたったスクールもあったのですが、そちらはかなり授業料が高い設定だった為、続けられないと意味がないので、対象から外しました。

 

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」は、サービスの質・授業料ともに満足度が高かった為、最終決断し、もう5年も続けています。おすすめです!

 

「QQEnglish」には、こちらのバナーから飛べます

2回の無料体験レッスンがお試しいただけます)

 

※生徒のポータルサイトや授業時の先生の雰囲気など、少しだけ参考までにご紹介まで。

ビジネスマンに「QQEnglish(QQイングリッシュ)」がおすすめの理由

出典:QQEnglish

ビジネスマンに「QQEnglish(QQイングリッシュ)」がおすすめの理由

 

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

 

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のもう一つの魅力として、フィリピンのセブ島へ短期留学が可能なこともあります。

 

今はコロナ禍で残念ながら、セブ島へ行くことは叶いませんが、将来的に世界が落ち着いた後、一つの挑戦として考えてみるのも良いかも知れません。

 

数年前、セブ島へ個人旅行で行くことがあり、「QQEnglish(QQイングリッシュ)」の「ITパーク校」へ見学に行かせていただきました。将来的な下見も兼ねて。

 

Good Friday(聖なる金曜日)のタイミングで、ちょうどスクールがお休みだった為、先生方には会えませんでしたが、事務局の方が館内を案内してくださって、英語を学ぶにあたり、とても良い環境だと感じました。

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

 

フィリピンの国民食的ファーストフードの「ジョリビー(Jollibee)」や伝統料理「レチョン(豚の丸焼き)」などもスクール近くで楽しめますので、セブ島留学は英語学習以外でも楽しいことが多そうですね。

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

≪参考≫「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のセブ島留学情報(目安:1週間~)

 

まとめ

「オンライン英会話」は自分のペースに合わせて、積極的に英語を学びたい人にとって、とても良い選択肢だと思います。

 

その中でも、特に「ビジネス英会話」を学びたい人にとって、「QQEnglish(QQイングリッシュ)」は質・量ともに、トータルバランスの良い、おすすめのスクールだと思います。

 

もし、興味があって、でも、迷っている場合は是非、「新規無料体験レッスン」を受けてみてくださいね。(無料体験にクレジットカードの登録は必要ありませんので、ご安心ください)

 

この記事のまとめ

英会話を学びたいビジネスパーソンには「オンライン英会話」スクールが向いている

特に「ビジネス英会話」を学びたい人にとって、「QQEnglish(QQイングリッシュ)」はサービスの質・授業料ともに満足度が高く、おすすめ!

迷う場合はまず、「新規無料体験レッスン」で試してみるのが良い

-アジアで必要な語学術
-,

© 2021 ビジネス福袋|“シンガポールで働く” ための情報提供ブログ